shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

三嶋の回跨ぎについて言及 ソト2HRと大暴れ マシンガン継投がうまくハマる

f:id:shuntarororo:20180924170912p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

初回濱口

先頭にヒットを打たれるが後続は抑える。

 

相手先発ジョンソン

1点もやらないぞという気持ちがひしひしと伝わる投球。

初回から様々な球種を使いコーナーを厳しくつく投球に翻弄される。

 

球場の雰囲気もいつもとは違う異様な感じの中、

2回に濱口が捕まる。

流れに飲まれそうになるがなんとか2点で踏みとどまる。

よく粘った。

 

2点の余裕が生まれたジョンソン

少し気持ちに余裕ができたようで緊張の糸が和らいだか、

その余裕に漬け込みDeNA打線が繋がりを見せる。

 

桑原大和宮崎の連打で1点を返し、ソトの3ランHRで逆転に成功する。

 

これで濱口も安定して欲しかったのだが、

中々伊藤の構えたところに投げることができない。

去年のCSファイナルでは先制され逆転をするとこちらのペースになっていたが、

今年はそういうわけにもいかない。

先頭打者に四球を与えてのバティスタにタイムリー を打たれここで交代。

 

エスコバーにスイッチ。

ここでの継投は連戦が続く中だがやむを得ない選択だったと思う。

珍しく早めの継投が納得できる場面だった。

 

1打席目タイムリーを打たれている石原を迎えたが、

なにせ打率.170だ。ここは5-4-3の併殺打に打ち取り同点にはさせない。

逆転へ向け歩み始めたカープの流れを見事断ち切る

 

その後試合は落ち着きを見せ始めたが、

6回西川のミスから伊藤の最高の仕事、犠牲フライで貴重な追加点をあげる。

7回にはソトのこの回2本目のHRが飛び出し試合をほぼ決定づけた。

 

なぜ三嶋を回跨ぎさせたのか。

1回を9球で抑え良い形で終わらせてあげれば良かった。

疲労困憊で最近失点していたが無失点で抑えたが、

全体的に高めに浮きいつ打たれてもおかしくない状況だった。

点差があるとはいえ三嶋を酷使し過ぎだろう。

今日ここまでリリーフをつぎ込むのなら、

たとえ回跨ぎさせるとしても三上へ代えるタイミングが1手遅かったと感じた。

 

その後小刻みな継投がうまくハマり、最後は山﨑がしめる。

逆転の雰囲気を完全に切り裂いた。

去年のCSを完全アウェーな雰囲気で勝ち抜いた強さがここに生きた。

相手のミスをものにできた今日の試合はとても大きい。

胴上げを絶対にさせないという思いを強く感じた試合だった。

濱口は内容自体は良くなかったがこういう時もある、

気落ちせず次リベンジに燃えてもらいたい。

 

 

明日の先発は国吉中村です。

2年ぶりの1軍先発マウンドに上がる国吉

数いるファームの先発陣から何故国吉が選ばれたのか。

その意味がわかるような投球に期待したいところ。

しかし個人としてはこの大事な試合を任せられるのかという不安な感じ。

そんな思いなんて払拭させてくれるでしょうと願いたい。

 

 

本日のポジティブ要素

  • 宮崎技術が光るタイムリー
  • ソト2HR5打点の大暴れ
  • 伊藤貴重な犠牲フライ
  • エスコバー、力でねじ伏せる好リリーフで4勝目
  • 小刻みな継投がハマりよく粘ったリリーフ陣
  • ここぞという時に流石です山﨑33セーブ目

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング

【祝100本目】 DeNA惜しくも敗戦するも大きな収穫あり 4番の得点圏打率はどうにかならんかね

f:id:shuntarororo:20180924023132p:plain

100本目の投稿になりました。

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 笠井in→G.後藤out

 

さて今回も振り返っていきたいのですが、

本日東京に、ちと用事がありましてみれなかった...

 

なので皆様のツイッターでの反応と、

スポナビで確認した感じで今回はお話しさせていただきます。

 

まずスタメンを確認すると、

昨日言ったようにやはり桑原はスタメン落ち、

代わりに乙坂を使っていました。

個人的には関根をそろそろちゃんと使って欲しいな。

 

 

実に惜しい試合でした。

流石に終盤となっての同点だカープの方が有利でしたね。

三嶋は責められないです。

疲れも溜まっている感じが否めなかった。

疲れている中でどういった投球で抑えるかが学ぶ必要がありそう。

シーズン通してフル回転で中継ぎをするのが初めてなので、

こういった経験が来年に生きてくるだろう。

故障だけは心配だが...

 

打線もロペスのHRの1点だけ。

 

久しぶりの先発復帰となった石田は、

初回先頭の田中広輔に死球を与え、おっと?という感じだったが、

後続はしっかり抑え初回0点ピッチ。

6回に宮崎のミスから少し崩れ同点に追いつかれると三上にスイッチ。

5.1回89球3被安打2奪三振3四死球1失点(自責0)

 

勝ち負けはつかなかったが先発としての役割は今季1番果たせたと思う。

なにせ表情が良かった。自信になったに違いない。

 

敗因としては大和大瀬良に合っていなかった。

筒香が2度のチャンスをモノにできず、

今年の得点圏打率の低さがもろに出てしまった。

宮崎のミスからの失点。

これらをしていたらいくら先発が好投していてもこういう接戦は勝てません。

 

しかし砂田バント処理のフィールディングと大和取ってから鬼速い送球に見惚れました。

かっこよすぎ!

 

9回に山崎を出さなかった事について少し議論されているみたいですが、

個人としてはあそこは三嶋で正解でしょう。

 

ビジター成績がいくら良いと言っても同点時の山崎は少し不安なのと、

もし延長になった場合、山崎パットン繋いで最後に三嶋が打たれたらどっちにしろ同じような議論が生まれるでしょう。

 

今日投手陣は良くがんばったと思います。

今永が何かを掴みつつありますね。

どうにかひとつ良い感覚を掴んで不安要素を無くしてもらいたい。

しかし流石今シーズン最多勝投手、

打線が沈黙でした。

 

明日の先発はジョンソン濱口です。

相手投手ジョンソンという事で細川の先発出場はあるだろうか。

桑原は使ってもらえるのだろうか。

濱口はここ最近安定したピッチングを見せている。

ひとつ落としてもう負けられない。

落ち着いて投球できるかが鍵になってくるだろう。

 

本日のポジティブ要素

  • 石田先発としての役割を果たす
  • 今永ドヤ顔のリリーフ好投
  • 砂田好フィールディング
  • ソトマルチ
  • ロペスHR

 

これは切り替えて連勝でカードを取るしかない。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね。

 

DeNA貢献度トップ3は誰だ 中日戦各選手成績まとめ9/21.22

f:id:shuntarororo:20180923011639p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

12連戦幸先の良いスタートを切ったDeNA。

やっと先発が安定し始め形になってきたのかなと思います。

加賀、後藤の引退試合ということで選手達も気合い十分だった感じ。

さて今回もこの中日2連戦の各選手の成績と貢献度トップ3を発表していきましょう。

 

 

ー打者成績ー

  • 大和 .375(8-3) 1打点 .375
  • 宮崎 .429(7-3) 500
  • ソト .200(5-1) 1打点 .429
  • 筒香 .429(7-3) 2HR 6打点 .500
  • ロペス .250(8-2) .250
  • 桑原 .250(8-2) 1HR 1打点 1盗塁 .250
  • 伊藤 .250(4-1) 1打点 .250
  • 石川 .333(3-1) 2打点 .333
  • 嶺井 .000(2-0) .333
  • 細川 .000(1-0)
  • 柴田 .000(2-0) 
  • G.後藤 .000(1-0)

 

ー投手成績ー

  • 加賀 0.1 5 1奪三振 無失点
  • 京山 8.2 129 6奪三振 1失点 1
  • 平良 6 84 4奪三振 2失点
  • 今永 1 14球 無失点
  • パットン 1 11球 無失点
  • 山﨑 1 8 無失点 1S

 

チーム打率(打者投手の打席は除く)

.286(56-16)          ※.254(67-17)

チーム防御率

1.50(18回3失点)    ※11.37(19回24失点)

先発防御率

2.70(6.2回2失点)    ※10.13(8回9失点)

中継ぎ防御率

0.79(11.1回1失点)      ※12.27(11回15失点)

※は前カードの成績・京山は中継ぎに加算

 

 

 

第3位

石川雄洋選手

1戦目の気迫のヘッスラタイムリー内野安打がとても印象に残りました。

加賀投手は33歳、石川選手は32歳と、

ひとつ上の先輩の引退試合。

何としても負けられない中で何としてもという想いが出ていました。

泥臭くてもいい、自分にできることを全力でやる。

今季は出場機会が減ってしまっているが、まだまだ彼の存在は大きい。

 

 

 

 

 

 

第2位

京山将弥投手

加賀投手からボールを受け取るというある意味大役を任された。

ほぼ初回ではあるのだが中継ぎという扱いの難しいマウンド。

そのボールは無情にもスタンドに運ばれてしまったが、

逆にそのお陰でいい意味で気持ちの面でもリセットされた。

そこからというもの、毎回のようにランナーを背負うが、

ホームベースを踏ませない粘りのピッチング。

打線の大量援護もありリズムを作った。

無四球という結果をとても評価したいのと、

9回に入っても140後半の球速が出ていたので、

崩れなければイニングを食えるスタミナ面でもアピールできた。

これからに期待が持てる楽しみなピッチャーだ。

 

 

 

 

 

 

第1位

筒香嘉智選手

第1戦では試合を決定づける1発、第2戦では先制3ランと4番としての活躍を見せた。

自身もこれでHRキング単独トップとなり、先輩方の花道を勝利へ導いた。

また、キャプテンとして選手を集め、

ミーティングをするなど、選手を鼓舞する姿にキャプテンシーを感じた。

これから1戦も落とせない試合が続くが、

彼のバットに期待と重圧はこれまでよりもっとかかってくるだろう。

諦めかけていたファンを奮い立たせてくれた。

この調子を維持しつつチームとしても個人としても良い形でこのシーズンを終わらせれるように、

これからの活躍に期待したい。

 

各試合の振り返りはこちら

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

ツイッターも更新中 フォローよろしくお願いします

 

DeNAホーム最終戦を勝利で飾る さらばゴメス 歴史的大敗から4連勝 平良覚醒の片鱗を見せる 筒香単独トップの37号

f:id:shuntarororo:20180922170950p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 後藤in→加賀・京山out

 

後藤選手の最終打席はフルスイングの三振でした。

あの応援歌がもう聴けなくなるとなると寂しいです。

中日ベンチでは松坂が見守っていました。

最後の打席のボールは坪井コーチからサプライズでプレゼント。

泣けました。

まさに必殺仕事人という難しい代打というポジション。

ファームなどで練習後必ずグランドに深く1礼する姿。

その持ち前の明るさ勤勉さを胸に頑張ってもらいたいです。

 

引退セレモニーで花束を贈る人が松坂と小池とかもう泣かないわけ無い。

 

16年間お疲れ様でした。

 

さて本日はレギュラーシーズンホーム最終戦、勝って締めたいDeNA。

初回DeNAの攻撃、

昨日は加賀さんの為に、今日は後藤さんの為に、

主砲筒香のハーラートップになる第37号3ランが飛び出し平良には嬉しい援護。

 

その後すぐハマスタ特有のポール際の風のお陰もあり高橋に2ランを打たれ1点差となってしまうが、

その裏大和のタイムリーで点差を2点に広げる。

 

前回登板菅野に投げ勝ったことで自信が付き何かきっかけを掴んだようで、

見違えるような何か安定感が出てきたように見えました。

 

2試合連続でテンポが良くしっかりゲームを作ってくれました。

来年以降ローテの1角として活躍してくれそうな雰囲気が出ましたね。

6回 84球 6被安打 4奪三振 無四球 2失点

 

7回からはレギュラーシーズン初のリリーフのマウンドに上がった今永

所々キャッチャーのミットに思ったように投げれてはいなかったが、

久しぶりに吠えた今永が出ました。

やはり今永はこの気迫が無いとダメだ!!!

表情もいつもよりは少し余裕がある感じで1回を無失点に抑えました。

 

8回はパットンが危なげないピッチングで3人をピシャリ。

さすがといったところでしょうか。

 

9回は大歓声に包まれ山﨑がマウンドに上がる。

中日は怒涛のチャンテラッシュ。

中日も今季関東最終戦ということで大勢のファンが駆けつけていて、

声援も大きかった。

少し山﨑がこの雰囲気に飲まれてしまはないか心配だったが、

DeNAファンの声援も負けてなかった。

 

最後は微妙な感じになったが3人で抑えて32セーブ目

DeNAはあの阪神戦の大敗から何かが変わったように4連勝。

CSに望みを繋いだ。

 

 

明日の先発は先発復帰する石田と今季最多勝投手の大瀬良です。

タフな戦いになるとは予想されますが、

石田にはこれだけチャンスを与えてもらっているので、

何かひとつ恩を返せるように、何かきっかけを掴んでもらいたいです。

桑原は使ってもらえるのか。

一応失点は否めないと思うので打線は特に頑張ってもらいたい。

 

 

しかし昨日京山のお陰で休めたリリーフ陣エンジン全開でしたね。

嬉しい誤算でしたがどれだけ助かったことか。

これで今季ホーム成績は33勝38敗1分。

5割は切ってしまったのだがホームの借金は10あったのだがここまで巻き返した。

 

ラミレス監督が言っていたどう終わるかが大事という言葉。

ホーム最終戦では見事達成した。

あとはシーズンをどういった形で終えることができるか。

我々は最後まで応援し続ける。

 

本日のポジティブ要素

  • 筒香37号3ラン
  • 大和貴重なタイムリー
  • 平良6回2失点と好投
  • 今永リリーフ登板無失点
  • パットン完璧リリーフ
  • 山﨑32セーブ目

 

加賀・後藤ありがとう。

二人のためにも負けられない戦いが続く。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

 
横浜DeNAベイスターズランキング

DeNA佐野恵太の弟がブログをやっている?! あの選手の弟がプロ志望届提出!!

f:id:shuntarororo:20180922031445p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

DeNA細川成也選手の弟、

明秀学園日立・細川拓哉投手が9/21にプロ志望届を提出した。

エースとして同校を甲子園3回戦へと導いたが、

プロ入りはなるのだろうか。

 

また弟といえば、

佐野恵太選手の弟である明治大・佐野悠太選手もプロ入りなるか。

正直微妙なところはあるが昨年広島の田中広輔選手の弟、俊太選手が巨人入りと、

兄弟がプロ野球選手になるということが起きていますので、

是非見てみたいものです。

 

色々調べ物をしていたところ、

佐野選手の弟さんがブログをやっているのを見つけました。

こちらです

ラストシーズンに向けて☆佐野悠太(広陵)☆ – 明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS


 

明大野球部のブログだったのですが笑

兄の姿を追いかけて同じ高校同じ大学と目標にしていたみたいですね。

 

それにしても顔がそっくりだな。

 

話は変わりますが、

当ブログの主な流入先はブログ村からが多いのですが、

(いつも見にきて下さってありがとうございます)

なかなかコメントやアクションをしてくれる人が少ない印象にあります。

これは自分の問題でもあるのは分かっているのですが...

 

そこでこの記事をブログ村で見つけて下さった方に少しお願いです。

当ブログははてなブログのアカウントを持っていなくても誰でもコメントを書くことができます。

 

これで大体言いたいことは分かったと思いますが、

見て下さったついでに一言なんでも頂けたら嬉しいです。

頑張ってでもつまらなかったでもなんでも大丈夫です。

 

何も来なかったらまだまだダメなんだなと思いそれはそれでもっと精進しようと思うきっかけになると思うので差し支えなかったらで構いません。

 

これからも頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

ツイッターも更新中 フォローしてね

DeNA怒涛の12連戦の初戦 加賀の引退試合を快勝する 京山今季1番の好投を見せ世代交代へ...

f:id:shuntarororo:20180921203839p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

昨日の公示 田中浩out

本日の公示 加賀・京山in

 

まず、加賀投手お疲れ様でした。

試合前には選手全員が、「加賀繁を忘れない」と書かれたTシャツを着て練習した。

真っさらなマウンドで投げたのは実に1590日ぶり。

最後は抜いた変化球で平田を空振り三振。

世代交代を象徴するような形で2番手京山の背中をポンと叩いて、

何か考え深そうに、1歩1歩踏みしめるようにマウンドを降りた。

讃えられベンチで握手ハイタッチを交わす中で薄っすら涙を浮かべる姿があった。

決して順風満帆ではなく苦しいプロ野球生活でした。

しかし何度も救われた場面もありました。

 

ありがとう。 我々は加賀繁を忘れない。

 

 

さて加賀の思いを引き継いで代わった京山だったが、

経験したことのない2番手、立ち上がりは難しい。

 

1球目2球目変化球が抜けボール先行となり、

カウントを取りにいった真ん中の直球を京田に強打され、

ライトスタンドに第4号ソロを叩き込まれた。

 

思い出すのは2年前、三浦大輔の引退試合。

7回1アウトを取ったところで加賀にボールを託す。

そのボールをスタンドへ運ばれる。

そして今年、加賀の引退試合。

ボールを託された京山、

そのボールをスタンドへ運ばれる。

何かそういう運命なのかなと少し感じました。

 

しかしその1打で逆に目が覚めたようで後続を抑える。

 

その裏大和がインハイの難しい球を腕を畳んで大和らしい2塁打を放ち、

チャンスメイク。続く宮崎の右打ちで進塁打、

ソトがアウトローギリギリのカーブを上手くすくい上げ犠牲フライを放ち、

すぐさま同点に追いつく。

この打席はインハイの直球を見せられアウトローのカーブが絶対的に生きる場面で外野に運んだソトの技術の高さが垣間見えた。

 

回を増すごとに京山のテンポも良くなっていき、

打線も石川の気迫のショートタイムリー内野安打、伊藤の好走塁も光りました。

 

筒香に追いつく特大の第36号3ランなども飛び出し加賀の引退試合に華を添える。

 

8回に2アウト2,3塁のピンチを作った京山だったが、

いつもはここで継投していたDeNAベンチ、

連戦の初戦といのとここまでの好投から続投。

HRを打たれた京田を初球セカンドゴロに打ち取りピンチを0点で切り抜ける。

一つ成長したな。

 

そして、9回のマウンドにも上がる。

いつもは四球でリズムを崩して失点するという傾向が多い京山だが、

ここまで1つも四球を出していないところが評価できるだろう。

 

最後はアルモンテを三振に打ち取り高々とグローブを突き上げた。

8回2/3 129球 7被安打 6奪三振 無四球 1失点

ほぼ完投勝利というピッチングだった。

 

ウィニングボールをしっかりと渡すことができた。

これを機に何か京山が掴んでくれたら。

お疲れ様でした。

 

引退セレモニー、

宮崎の涙が印象に残りました。

引退を自分で決めることはとても簡単なことではありませんが、

それを出来る人はほんと一握りです。

9年間本当お疲れ様でした。

 

 

明日の先発は平良笠原です。

前回登板は今季最高の活躍を見せた平良

今日の京山に続いて好投できるか。

一方笠原は前回登板で141球の熱投をして勝った日から中6日空いてのマウンド、

両投手の好投に期待したいところだ。

また明日は後藤選手の引退試合。

代打で起用するとラミレス監督は言っていたがどの場面での起用になるか、

そちらにも注目したい。

 

本日のポジティブ要素

  • 大和・宮崎・筒香マルチヒット
  • 筒香36号
  • 石川気迫のタイムリー内野安打
  • 桑原9号
  • 伊藤タイムリー、好走塁
  • 京山、8回2/3を無四球1失点の好投

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターも更新中フォローしてね

2018年 プロ野球各球団今季1番期待に応えれなかった選手 (パ・リーグ編)

f:id:shuntarororo:20180919173110j:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

前回に引き続き今回はパ・リーグのガッカリした選手を独断と偏見で決めていきたいと思います。

セ・リーグ編をまだ見てない方は先にそちらからご覧ください。 

blog.shuntaroro.com

 

それではいきましょう。

 

 

ーもくじー

 

 

 

 

西武

エルネスト・メヒア(5億)

昨年 113試合 .241(345-83) 19HR 53打点

今年 74試合 .210(195-41) 9HR 20打点

西武自体は戦力が揃っていて現時点でもリーグ制覇目前の強さを誇る。

なので年俸の割には活躍が出来ていないメヒア選手を選びました。

とはいえ出場機会が減ってしまったのはある程度レギュラーメンバーが決まってしまったからでもあるのである意味苦しいシーズンとなってしまった。

 

ソフトバンク

東浜巨(9000万)

昨年 24試合 16勝5敗 防2.64

今年 14試合 4勝5敗 防3.59

昨シーズンの最多勝投手も今季苦しんでいる。

5月に怪我をして登録抹消。

右肩関節機能不全という怪我の内容で復帰までに2ヶ月半を要してしまった。

実践から離れていたのもあって去年のような投球が思うようにまだ出来ていない感がある。来季以降の完全復活を期待したいところだ。

その他にもサファテ投手の怪我、武田投手の不調と投手陣に去年のような厚みが少し足りないソフトバンクだが、それでも現在2位につけている所を見ると選手層の厚さに羨ましさを感じた。

 

日本ハム 

松本剛(2270万)

昨年 115試合 .274(402-110) 5HR 33打点

今年 52試合 .208(120-25) 0HR 8打点

昨シーズンブレイクを果たし、年俸も大幅アップ、

侍ジャパンにも選ばれ今シーズンの活躍を期待されたが、

現時点では思うような成績は残せていない。

侍メンバーは他に今永、桑原、田口なども去年のような成績を残せていない。

これはやはり何か関係があるのではないだろうか...

今後の活躍に期待したい所である。

 

 

オリックス

クリス・マレーロ(1億1000万)

昨年 82試合 .290(283-82) 20HR 50打点

今年 68試合 .201(219-44) 11HR 26打点

昨年5月に加入し20HRとブレイクしたが、

今季はここまで1軍と2軍を行ったり来たりで、

5度の抹消があり苦しんでいる。

9/2日のスポーツ紙で今季での退団が濃厚という噂がたった。

 

 

ロッテ

加藤翔平(3100万)

昨年 98試合 .266(271-72) 5HR 27打点

今年 67試合 .220(118-26) 0HR 8打点

今シーズンは背番号も10になり、期待された選手だったが、

今季はもがき苦しんでいる。

開幕前は.474(19-9)と好調だった。

開幕スタメンに名を連ね開幕戦で早速ヒットを放ちまずまずのスタートを切ったが、

パタリと打てなくなり4/7にファーム落ち。

下では.344と格の違いを見せつけ1ヶ月後再昇格し、その後は1軍と2軍を行ったり来たりを繰り返す。

7月から1軍に帯同しているが今のポジションは主に代走や守備固めの出場。

いわゆる1.5軍と言われる後一皮剥ければというところまできている。

一つ抜ける何かを掴んでもらいたい。

 

楽天

茂木栄五郎(6400万)

昨年 103試合 .296(398-118) 17HR 47打点

今年 100試合 .247(361-89) 7HR 24打点

今季は昨年ほどではないが無難な活躍を見せていたが、

8月中旬左足への死球で打撲し登録を抹消。

今後の経過をみると言っていたがまだ上がってきていない。

そろそろ戻ってくるといいのだが、

誰も悪くはないのだが不動のショートストップが抜けた穴は大きい。

この選手にしてはガッカリというタイトルにはそぐわないのだが、

早く復帰してきてほしいですね。

 

 

 

あなたが思う今年期待していた選手は誰ですか?

コメント欄にお書きください。 

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

ツイッターもやってますフォローよろしくね