shuntaroのぼやき

DeNAファンのぼやき、日々の気になった事、自身のコンプレックス体験談などを日記テイストで紹介

DeNAベイスターズ2021年注目新人選手 新人合同合宿含め改めて紹介

f:id:shuntarororo:20210117183342p:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

今週も世間はコロナの話題が続き、今後も予断を許さない状況でプロ野球のキャンプもどうなるかという厳しい暗雲が立ち込めはじめてしまっています。しかしながら新人選手の状態など少し嬉しいニュースもちらほらと。

 

投手ではドラ1の入江大生がバランスのとれた投球を披露した。さすがの強心臓の持ち主も一軍の首脳陣に見守られた中でのピッチングは緊張したそうだが自分の持ち味をアピールした。しかし個人的には”バランスのとれた投球”という言葉遣いに少し引っかかる点があった。もちろん実際に見た事は無いし、この時期で全然調整段階で秋の六大学で見たポテンシャルを加味すれば本来の力はもっと良いものを持っているのは十分に理解している。ただ”バランスのとれた投球”この言葉だけ見ると球威はさほど感じなかったという捉え方もできなくも無い。キャンプ・オープン戦を経て開幕までに順調に出力を上げて開幕先発ローテーションを任せられるよう怪我なく調整を進めていってもらいたい。個人的に昨年もサプライズが多いDeNAのドラ1で牧だろうと色んな方が予想する中、春秋と六大学でのオーラ含め投球から欲しいなと1位予想していた選手ではあるので期待は十分。寒い時期は怪我が特に怖いので、徐々に上げていってもらえればと思う。

 

ドラ5の池谷蒼大にも注目したい。高卒社会人と素材を含めてルーキーイヤーはもちろんの事だが、2,3年後に左の中継ぎとしてフル稼働を期待している選手。首脳陣の前では緊張しながらも持ち前のキレのある投球を披露した。ダイナミックなライアン式の投球スタイルでまっすぐの軌道はとても綺麗でストレートのキレで三振を奪える選手の印象だが、課題としては若干出力が弱い印象がある。変化球もスライダーやチェンジアップなどがあり、コンビネーションも光るものを持っている。現状の出力だとプロの打者は捉えてくるようなイメージがあるので身体づくりを中心にプロの打者に負けないキレを磨いて頑張ってもらいたい。

 

密かに期待してるのは育成ドラ1の石川達哉だ。昨期春に怪我をした影響で1番大事な大学4年次でのアピールはできなかったものの綺麗なフォームで質の高い140km/h中盤のストレートに多彩な変化球を操る器用な投手という印象。決め球である落ちる球は奪三振能力に長けているので決め球には困る事はあまり無い。早い段階での支配下を勝ち取ることができれば上記の池谷と左腕リリーフの座を争うことになるかもしれないが、非常に興味深い選手という事は間違いないだろう。お手本とする選手が多い左腕王国の一角を担う活躍ができるようまずはファームで結果を残して他の選手の脅威の存在となるポテンシャルは十分に秘めているだろう。

 

打者での注目選手はドラ4の小深田大地だ。昨秋のドラフト会議では高校生野手で来田(オリックス3位)と共にもっとも来て欲しい選手であったのでこの順位で獲得した時は発狂するほど嬉しかった記憶が蘇ってくる。2度目の屋外フリー打撃で約50スイングで柵越え4発と、身体はある程度出来上がっているし、打撃フォームも個人的に打てると思う打者の理想形で固まりつつある。まずはファームで実践を重ね、プロに慣れるところからという所ではあるが、ある程度の率を残すことができればシーズン終盤でのお試し昇格も十分にありえるのではないだろうか。ラミレス野球のノウハウやデータに強いのがDeNAの強みであるので、専門家のアドバイスや自分のフォームを細分化して客観的に見ることによって今まで気づかない部分に気づき更なるレベルアップに繋がり、球界を代表する野手に成長していってもらいたい。懸念材料としては足だが、外野の間を割った時にしっかりと2塁打にすることが出来る最低限の速さまで頑張って改良してくれれば何の問題も無いだろうと個人的には思っているが。

 

もちろん野手で最注目なのはドラ2の牧秀悟だ。この選手に関しては過去に語っているのでこちらをご覧頂きたい。

blog.shuntaroro.com

 

もちろん今年の新人選手はどの選手もポテンシャルが高く期待値が非常に高い。既存の選手も勝負の1年で背水の陣で望む選手もたくさんいる。新人選手含めて競争に勝って大観衆のハマスタで輝く姿を観れることを願っている。

 

短いですが今回はこの辺で 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

  

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAにも近年増えるユーティリティプレイヤーについて 【メリットあればデメリットもある】

f:id:shuntarororo:20210109171604p:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

今週は毎年恒例の厚木自主トレに新しいメンバーである伊勢が参加や新人選手の入寮&新人合同自主トレなど完全オフが終わりを迎え、各選手とも2021年シーズンに向けて少しずつ身体を動かす機会が増え始めました。その中で田中俊太の入団会見もあり三浦監督率いるDeNAベイスターズも来季のキャンプ含めどの選手が1軍への切符を掴むことができるか、当落線上にいる選手は監督が変わった事により勝負の一年がまた始まろうとしています。

 

そこで今回は近年とても重宝されてるユーティリティプレイヤーについてお話していきたいと思います。

 

 

ユーティリティプレイヤー(メリット)とは

そもそもユーティリティプレイヤーとは野球を知っている方であればもう聞き馴染みのあるフレーズですが、その名の通り日本では内外野問わず2つ以上の複数ポジションを守ることが出来る選手の事を表し、MLBでは内外野両方守れる選手を表します。その多くは回の終盤、内外野での守備固めとして起用されるということがほとんどで打撃がもう少し上がればレギュラー争いにも食い込むことが出来るのになという選手が多いです。近年のDeNAでは柴田や中井などが挙げられる。

しかしソトなどの例外のパターンもある。そのポジションを最低限守れる+打撃が他の選手より頭一つ抜けている選手はレギュラーとして出場することが出来るパターンだ。こういった起用も含め何人いても困らないとされているユーティリティプレイヤーだが、メリットばかりでは無いという事、つまりリスクについてお話していこう。

 

 

リスク(デメリット)とは

 もちろん1シーズン主力全員が好調で元気なまま戦い抜くことはどのチームもできない、どの選手が怪我や不調で抜けた際、1人の選手で複数のポジションをカバー出来ることはチームとして大きなメリットである。しかし練習から複数の守備位置で満遍なく平均以上のパフォーマンスを行うことができても1ポジションを専門でやっている選手にはなかなか勝つことができないことが多い。それが自分の役目として覚悟を決めてチームのためにと戦っている姿はもちろん敬意を表するがあくまでレギュラーを目指している選手なのであれば、そのユーティリティという役割を早く脱却して自分のレギュラーになるために不足している部分を補わなとならない。その点でも今年田中俊太が加入した事により柴田がどのように1本立ちしてショートのレギュラーとして挑戦していくか、個人的にはとても楽しみだ。

 

ユーティリティとは良い意味では”複数守れるチームに欠かせない存在”、あまり良くない意味では”サブの選手”と言い分けることが出来るのではないかと個人的には思う。そのサブの選手を本人が一番勝負したい場所でその才能を開花させることが出来るか、それともそのままユーティリティとして活躍する選手に育てていくかは球団の手腕にかかっているだろう。

 

 

 まとめ

ここまでユーティリティプレイヤーについてお話してきましたが、私個人も学生時代内外野複数のポジションをやっていた事もあり、最近とても良く聞く言葉だったので個人的な意見も含めまとめてきました。各ポジション動き方や考え方は全く異なるのでプロのレベルで1試合内でも守備位置を変える(特に内野→外野や外野→内野)選手などは本当にレベル高い事してるなと尊敬の眼差しを向けていました。ただそうなる選手はレギュラー選手に比べるとその守備位置で勝負するには何かが足りないため(主に打撃)そういった役割を担っている選手が多いと思うので、柴田に関しても田中俊太に関しても中井に関してもライバルが増えた来シーズン何か光るものが見れたら良いなと思います。新人選手も楽しみですし現在空いているポジションもあるので、新生DeNAベイスターズの2021年シーズンのレギュラーが誰になるのかワクワクですね。

 

特に開幕カード、菅野残留決定した梶谷・井納のいるジャイアンツ戦、厳しい戦いになるとは思いますが善戦出来るよう、ひと回りもふた回りをチームとして大きくなれるよう怪我なく開幕までひた走って欲しいです。

 

今回はこの辺で

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAベイスターズ 2021年センター&1番バッターに当てはまる選手を願望含めて考察 

f:id:shuntarororo:20210103180625p:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

今年の箱根駅伝、色んな意味で凄かったですね。沿道の人は多く、恐らく明日以降に緊急事態宣言が再発令しそうです。内容としては毎年あまりずっと観ているタイプではないのですが、今年はのめり込むように見入ってしまいました。選手の皆さんお疲れ様でした。

 

さて今回は、梶谷が抜けてセンターというポジションが空いたのと打線を組む事において1点を取ることに最重要である1番バッターという固まりつつあったポジションが空いてしまったがどういった選手がそこを射止める事ができるでしょうかという点について個人的な願望を含めてお話していきたいと思います。

 

 

関根大気

成績や評価等を度外視して願望だけで言うのであれば見たいのは関根と桑原です。昨年ファームで監督を務めた三浦監督が今年から指揮をとるため、少なくとも数人の若手は1軍へのチャンスが実戦で訪れると思います。ルーキーイヤーでファームで打率.271と素晴らしい成績を残し1軍の経験を順調に経験し2年目では1軍で55試合出場とこのままの成長曲線でいけばスーパースター候補の筆頭だった関根。直近では3年連続でファームで打率3割、昨シーズンに至っては若手が増え出場機会は少しずつ減ってきてはいるものの出塁率は.427と毎年安定した成績を残している。一昨年の絶好調から1軍のチャンスをもらったが思うようなアピールができずそこから昨年は1軍へ上がる事ができず、あとは結果が求められる厳しい状況にはなってきたが、三浦監督のもとで覚醒を期待したい選手の1人です。もっとじっくりファームで経験を積ませてから上げればよかった、1軍で使うタイミングが早すぎた選手と言われないように本当に頑張ってほしいですね。またセキスナが両名ハマスタで輝いている姿をこの目に納めたい。

  

桑原将志

桑原については2017年にゴールデングラブ賞を受賞した守備は一級品なのは勿論ある程度走れるので打撃さえ許容範囲レベルくらいの成績を残せば問題なく1軍の戦力として十分に戦えるポテンシャルは持っている選手。彼に関しては何かきっかけさえ掴めば軌道に乗る事ができるので変えすぎず今のフォームでどうしたら調子が上がるかに注力することを期待したいです。背番号1をつける男として結果を残した2015〜2017シーズンからの多方面からのプレッシャーが重くのし掛かって試合外では相変わらずおちゃらけている場面も垣間見え、周囲の士気を上げる重要な役割を全うしていますが、試合になると苦しい表情が多く、結果が出ないもどかしさから純粋に野球を楽しめていない場面が多く観られたここ2年間。1番センター桑原が躍動している姿をもう一度見たいと思うファンは私以外にもたくさんいらっしゃると思います。2月から始まる実践に調子を持っていけるようにこのオフ結果にこだわる為にトレーニングを積んで開幕1軍、そしてレギュラー争いに再び食い込んでくる活躍に期待したいです。 

 

神里和毅

現実的に考えてみると1番可能性として高いのは神里でしょう。昨シーズンは当初1番センターとしてラミレス監督の構想に入っていたが開幕前の実践で打撃でのアピールができず、代わりに起用した梶谷がガッチリハマったことで掴みかけたレギュラーを掴みきれず開幕は控えに回る悔しいスタートとなった。しかし2019年シーズン出場機会は増やしたが121個と三振の多さが課題となりオフにコンタクト率を上げるべくバットを寝かせる打撃フォームを少し修正し若干バットを立てることで持ち前の外野の間を抜く打撃が少しづつ戻って来たことから脚も絡ませた持ち味を発揮し、梶谷のシーズン通しての絶好調ぶりから出場機会は中々与えられることは少なかったが、代打や守備固め等で存在感を出すことができた今後に生きる内容のシーズンだっただろう。早打ちなことから四球は少なく淡白に見える打席も多少はあるが、昨シーズンの出塁率は.370と改善の兆しを見せている。オープン戦でしっかりとアピールができれば一年間ハマの打撃陣を引っ張ってくれるのは神里になるでしょう。

 

 

まとめ

他にも有望な外野手としては細川、楠本、蛯名、乙坂、宮本ですが、前者3名は個人的なイメージですがセンターよりは両翼タイプかなと思います。もちろん佐野とオースティンが1年間ずっと活躍してくれることに越したことはありませんが、どちらかが不振に陥ったり怪我で抜けてしまった時に少ないチャンスで存在感をアピールできるかが鍵になってきそうな来シーズンとなりそうだと思います。乙坂に関しては代打でおいておくイメージ、宮本は代走のスペシャリストとして運用していくイメージがありますね。

 

全ては三浦監督含め首脳陣の評価に左右されることでしょうが、上記で挙げた選手が来シーズン活躍してくれると個人的には嬉しいなと思います。

 

思うことならなみんな活躍して欲しいというのがファン心理ですけどね笑 

  

今回はこの辺で

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

blog.shuntaroro.com

blog.shuntaroro.com

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAラミレス監督から三浦監督への政権交代 先発ローテや梶谷の抜けた穴は誰が埋める? 〜2021年1発目〜

f:id:shuntarororo:20210102180239j:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

明けましておめでとうございます!

2021年一発目の更新ですね、今回は2020年を振り返るとともに今年に向けてのお話をしていきましょう。

 

昨年はブログ欲の波があり更新頻度がめちゃくちゃ不定期だったにも関わらずご覧頂きありがとうございました。今年も同じような感じになると思いますが、コンセプトであるツイッターで書くには文量が多い筆者が感じたことを書く事をメインに更新していこうと思いますので今後ともよろしくお願いします。

 

コロナの影響で2020年は本当あっという間に過ぎて行った感じがしました。人間年齢を重ねるごとに1年が短く感じると言いますが、これは新しい刺激が減る事で起こる現象だと思います。

世の中は外出自粛が主となり、それによるストレスを感じる人が多いと聞きますが、むしろそっちの方が個人的に過ごしやすいと思っているのでさすが隠キャな自分だなと少し哀しい気持ちになった一年でもありました。昨年のこの時期はメンタル的にも酷いものだったなーと振り返ってみて思います。まあ今も現状はさほど変わってはおりませんが。。。笑

 

ラミレス監督の集大成と謳われた2020年シーズン。開幕前は優勝候補に名乗りを上げるなど選手・ファン共々近年で最も優勝を意識して望んだシーズンでした。それだけの戦力が揃っている最高なメンバーが名を連ね、左の今永右の平良と両エースが先発を引っ張り4番にキャプテンとなった佐野を据え、開幕は遅れるも開幕カードから今年はやっぱり違うぞと思わせてくれましたが、シーズン終盤には両エースの名は消え、三嶋の守護神適性がハマった事は良かったものの絶対的守護神だった山﨑の大不振、佐野・オースティンの故障など当初描いていた戦力の歯車が噛み合わず結果としては4位に沈みました。

 

抜けた者も新加入した者もおりますが、投手に関しては東、今永の怪我の状態次第で戦力の差は大きく変わってくるでしょう。若手では有望な阪口・京山を始めポテンシャルを秘めた選手も豊富ではあるので各選手の飛躍に期待したい所ですね。打者では細川・蛯名を始め梶谷が抜け空いた枠を若干飽和してたがレギュラークラスとは力の差があり掴み切れていなかった選手達の争奪戦によってどの選手がレギュラーを勝ち取るのかが楽しみな所。現在最有力は神里でしょうが三浦監督はどういったビジョンを思い浮かべているかですね。接戦を勝てるチーム作りを期待しています。

 

さてさて個人の野球観戦について振り返ってみると、毎年行っているオープン戦も行く事ができず、オフが終わってやっと野球が始まるという時期に開幕延期と生きがいが遠のき辛い時期もありましたね。やっと見に行けたのがハマスタ外野席解放の9月19日。声を出しての応援はできませんでしたが改めて生で観るライブ感に感動したのを覚えています。

近年チケットを入手するのが困難だった時に比べて比較的取りやすくなったのは不幸中の幸いでした。席感覚が狭いといつも感じていたところで両隣りが空いている事で凄くストレスフリーで観戦できたのも良かった点です。でもやはり声を出しての盛り上がる事ができないもどかしさも勿論ありましたね。

 

2021年シーズンは外野で応援歌を口ずさみながら応援できるようになるといいですね。 

今年は文字・写真は勿論のことですが映像関係の方も学んでいけたらと思ってます。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

野球に必ず存在すると言われる「流れ」とは? 〜ある感覚に似ている?〜

f:id:shuntarororo:20201228165102j:plain

 

こんにちは、しゅんたろです

 

「チャンスの後にはピンチあり」 

 

野球界でもよく聞くこの言葉

野球は流れのスポーツと言われますが

チャンスで無得点だったあとは高い確率でピンチが訪れることってありますよね。

 

我らがDeNAベイスターズでも今年も大逆転勝ちや大逆転負けなど、ひとつのきっかけで点差がひっくり返る展開がたくさんありましたね。野球というスポーツには目には見えない『流れ』というものが存在します。観戦している時でも連打が続くと「この流れだと打てそうな気がする」そんな雰囲気を感じた事はもちろんあるのではないでしょうか。現地ならなおさらその空気感を身をもって体験できる。それが野球観戦の醍醐味の1つです。

 

今回はそんな選手が実力以上の力を発揮することがある「流れ」というものについてお話していきましょう。

 

このテーマは色んな方が考察やデータを元に論じているテーマではあるので、こういう考えを持っている人もいるんだくらいに見てもらえると嬉しいです。

 

 

そもそも「流れ」とは

流れが良い悪いは色々言われることがありますが、野球における「流れ」は言わば結果によって左右されることがほとんどです。プロ野球中継を見ていても実況が振り返るシーンで「あのプレーが流れを変えた」など実在はしないため試合中に語られる事は基本的にはありません。また、投手の場合「味方に点を取ってもらった次の回に抑えないと流れが変わる」と言ったメンタル論で語られる場合もありますね。あとはピンチの場面での交代した投手がそのピンチを脱した時に「流れを断ち切りました!」と言われることもあると思います。

 

このように基本的に「流れ」という言葉は結果論で語られることがほとんどです。

とりあえず「流れ」と言えば解説がまとまる使い勝手の良い便利な言葉ということも言えるでしょう。

 

 

流れにのる事はあの感覚に似ている?

個人的な実体験で体験したことのない人には分かりにくい内容になってしまいますが、プレー中の「流れ」という感覚はあることに似ている気がします。それはどんなスポーツを行うにしてももう一つの実際には見えないが必ず存在すると思われる「調子」というバロメーターです。野球に関して言えば打者での感覚で言うと「目をつぶっていてもヒットが打てる」投手での感覚で言うと「何も考えずに捕手を目掛けて投げれば構えたコースに投げることができる」そんな感覚です。身体の状態が自分のフォームにマッチした時に「なんとなく打てそうな気がする」そんな思いがそのまま結果に現れる感覚は「流れ」にのっている場面と似ているような気がしました。

 

あのゾーンに入った感じは全てがうまくいくのではないかと言う自信というメンタル的な部分からも相乗効果が得られて実力以上の力が発揮できるのではないでしょうか。 

 

 

流れを攻略するためには

 選手はファンの声援や試合の状況から変化を感じ取り、その雰囲気の変化から「流れ」を感じるため、"雰囲気=流れ"として捉えている。その流れを呼び込むことができれば試合に勝つことができる確率はグンと上がる。首脳陣の采配も「流れ」を左右する重要な決断となる事は間違いない。

ファンとしては声援を送ることで球場の雰囲気を上げ、選手のパフォーマンスが向上すると考えているので、2020年シーズンは送る事ができなかった声を2021年シーズンは送る事が出来るように、横浜優勝を現実のものとできるように「流れ」を呼び込む後押しを来年もしていきたいですね。

 

あとがき

いかがでしたでしょうか。久しぶりにこう言ったシリーズを書いて見ましたが昔の体験を振り返ったりと書いていて少し面白かったです。こちらの投稿日当日はtvkで今シーズンのプレイバック特番が18:30〜始まるので今年のベイスターズ納めで楽しんで観たいと思います。

過去記事も下記にリンク貼ってますので、興味を持って頂けましたら合わせてご覧いただいてくださいると嬉しいです。 

 

blog.shuntaroro.com 

blog.shuntaroro.com

blog.shuntaroro.com

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAベイスターズがフェルナンド・ロメロ獲得にあたって期待されていること

f:id:shuntarororo:20201227171839j:plain

 

こんにちは、しゅんたろです

 

2020年も残りわずかとなりましたね

コロナも終息の方へは向かっていなようで。。。

 

山﨑投手の契約更改で今年のDeNAベイスターズは仕事納めかと思われましたが

ファンにとってはビッグなクリスマスプレゼントが用意されていました

 

フェルナンド・ロメロ獲得

 

噂が囁かれた当初からDeNAにしては発表まで期間が空いてしまった事から

話が流れてしまったのだろうか

獲得しても年明けの発表になるだろうと思っていた矢先の発表だったので

サプライズ感が大きかったですね

2年目の契約は球団にオプションがあるというのも素晴らしい

 

メジャーでプロスペクトされたいた若手で伸びしろたっぷり

なんと言ってもMAX157キロのシンカーが魅力の投手

その球速だとシンカーというよりツーシームに近いような気もしますが

その球速でボールに動きがあると

打者としても打つのは苦労しそうですね

課題はやはり制球という事で

日本のマウンドやボールが合えば化け物と化しそうです

 

あとは薬物関係ですか

球団としても獲得に当たって人柄や性格という点に

大分比重を置いているようなので

その辺は知った上で問題ないと判断したでしょうから

あまり心配はいらないでしょうがね。。。

 

球団としては先発としてまずは考えているようで

実際に見てみて先発か中継ぎかは現場に委ねるようですが

大貫、平良投手など投球術で打者を翻弄するタイプの投手で挟んだら

とても良いアクセントとなってくれると期待してます

 

ロメロ投手については前回も触れているので

こちらも合わせてご覧いただけると良いと思います

 

blog.shuntaroro.com

 

ケビン・シャッケルフォードとフェルナンド・ロメロ

どちらの投手が早くアジャストできるか見ものですね

 

blog.shuntaroro.com

 

当たり外れはあるけども

やはり助っ人外国人選手は毎度楽しみですね

育成の外国人選手にも頑張って支配下

そして一軍の切符を掴んで貰いたい

 

近年のDeNAの外国人選手は軒並み活躍してくれている選手が多いので

その分期待も膨らんでしまいます

 

今永、東の状態次第ではありますが

課題の先発投手陣再建の一角を担う存在になってくれることを願ってます。

 

話は変わりますが

ロペスや石川雄洋などの続報がありませんが

どこか拾ってくれないかな。。。

 

ここまでくるとキャンプやオープン戦で欠員が出てしまった球団とかが

お声がかかる最後のチャンスとなりそうですね

 

今回はこの辺で

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNA梶谷の人的補償で田中俊太を即決で獲得 そしてメジャー有望株フェルナンド・ロメロも獲得か

f:id:shuntarororo:20201220171502j:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

前回の記事、思いのほか見て頂いてまして

久し振りに嬉しい気持ちを思い出しました

見てくださった方、ありがとうございます!

 

blog.shuntaroro.com

 

さて、今週も試合は相変わらずなくて寂しい日々が続きますが

選手の動きが多い1週間になりましたね

 

古村、赤間の両選手の引退発表

こればっかりは仕方ないですが

地元民として古村投手がハマスタで投げる姿が見たかった

赤間投手のチャンスをもうちょっと与えて見て欲しかった

とりあえずお疲れ様でした

2選手の第二の人生に幸多からんことを

 

宮崎選手は来年FAの権利を取得するということで

球団の誠意はいかほどかと

複数年契約&年俸増額はどうなるかなどと注目されていましたが

微増&恐らく単年?っぽく

来年オフの流出が怖いところですね

一応Aランクで年齢的にも条件次第では残留も勿論あるでしょうが...

まあ来年のことを考えてもまだ先なので

とりあえず来シーズン頑張っていただきましょう!

 

そして今週驚いたニュースが2つありましたね

 

「人的補償で田中俊太獲得」

「ツインズからフェルナンド・ロメロを獲得か?」

 

 

人的補償に関しては決着つくのがすごく早かったですね

梶谷移籍から4日後のことでした

これに関しては巨人側からのプロテクトリスト提出が迅速で素晴らしかった

両球団早く決着をつけて補強の方に移りたかった感じでしょう

ジャイアンツはルールの範囲内ではありますが

色々と将来有望な選手を守っていましたので

リストから外れた選手としても結構限られた選択肢になったとは思いますが

色んな方がプロテクト予想を拝見して

外れてたら欲しいなと思っていた選手でしたので

良い選択をしたのではないかと思いました

 

ユーティリティーではありますが本職はセカンドということで

ようやく柴田選手がショート一本で勝負する大事なシーズンとなりそうです

(我の倉本も頑張ってもらわないと...負けるなよ!)

 

近年の人的補償の印象として内海、長野選手など

長年チームを支えてきた選手の流出から

陽岱鋼や亀井選手などが可能性として挙げられていましたが

流石に今年のベテラン切りから無いとは思ってましたね

 

打撃に関してもよく打たれていた印象があり

順調に調整できれば出場機会は増えてくるでしょうね

 

頑張ってもらいましょう!

 

 

 

そしてフェルナンド・ロメロ投手の獲得に関してですが

まっすぐの平均球速が156キロと出力が高く

その割にはゴロアウトも多いため動くボールも使える

獲得となれば先発・中継ぎの両方で使うことができるため

日本に順応することができれば相当な戦力UPが期待できるでしょう

 

ただ今シーズンビザの取得ができずアメリカでの出場はできなかったが

ここに関して新しい情報が...

 

 

交渉しているという事はそう言った面では問題は無いという判断した上での

獲得となるだろうが少々不安点もありそうだ

年齢は25歳と若いので楽しみな点も多くありますけどね!

 

ただ少しづつ明るいニュースも入ってきて

来年に向けた期待とワクワクが少し上がってきましたね!

 

あとはヤスアキの契約更改で仕事納めというところでしょうね

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNA梶谷・井納は何故巨人を選んだのだろうか

f:id:shuntarororo:20201213164028j:plain

 

こんにちは、しゅんたろです

 

公式がでるまでは

100%ではないと現実から目を背けていましたが

出てしまいましたね...

 

 

梶谷&井納のFA流出

しかもよりによってジャイアンツ

 

他の10球団なら頑張れよーと素直に言うことができるのですが

そこだけはダメというチームに2人も...

 

決め手としては色々あるでしょうが

正直素直に送り出すことができません 

 

梶谷選手に関しては契約内容での完敗でした

ソトが流失覚悟で残留と正に真逆で

残留してくれるだろうという期待が大きかった分

ショックが大きかったですね

うちの控えの外野陣とあちらの外野陣を比べても

納得はできるところもありますが

ライトは若手筆頭の松原選手もおりますし

双方のファンにとっても複雑なものでしょう

 

育成という名のプロテクトで人的対策と見える囲い方

例えそういうことでは無いと言っても

イメージとしてはやはり良いものではありません

 

ただ、頑張って欲しいという思いはもちろんあります

今年は特に彼に助けられた場面も多く

自分が現地に行った試合では沢山夢を見せてもらいました

 

 

blog.shuntaroro.com

 

 

怪我だけが心配な選手ではありますが

とりあえず1000本安打は決めてもらいたいですね

 

井納投手に関しては正直

近年の扱いが雑というか可愛そうだなと思うところがあったので

出て行ってしまうんだろうなぁとは感じていました

ただその可能性があるにも関わらず

前年CランクかつFA権を取得するよう抹消日にちをずらしたり

優しすぎる対応は何故なんだろうと

せめてもの温情だったのでしょうか

と、疑問に思う点はありますが

 

流石に2人ともジャイアンツとは予想を遥か超えて行きましたが...

 

ただ、若手にとってはチャンス到来です

 

今年は付け入る隙が無かった外野の枠がひとつ空きました

大本命は神里選手でしょうが

ファームから関根、細川、楠本、蛯名などなど

もちろん桑原、乙坂あたりはレギュラー奪取のラストチャンスとなるでしょう

 

先発陣は怪我さえなければローテ獲得できる投手も沢山います

 

チーム全体が若返りして有望株が沢山出てきてくれるのは良いが

精神的支柱の役割も担うことができるベテランがいないのが

来シーズン仮に連敗した時などにどのような影響があるかは

少しばかり気がかりではありますね

 

浮いたお金でそろそろ補強の話も聞きたいですよね

 

 

blog.shuntaroro.com

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAベイスターズ ドラフト2位「牧秀悟」はロペスから受け継ぐ背番号「2」へ

f:id:shuntarororo:20201123160908j:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

牧選手の仮契約が結ばれましたね

こちらも三浦監督がサプライズ訪問と

ドラ1候補であったこともあり

期待の表れが見られる仮契約となりました

 

気になる背番号は「2」と

今期退団となったロペスの背番号を受け継ぐという形となりました。

 

契約金は7700万円、

推定年俸は1300万円と

近年のドラフト2位の選手と比べても

年俸はトップの金額となりました

(契約金は平田選手に続く2番目)

 

目標は大きく2000本安打と決めた大型内野手は

チームの核となる選手になるべく

プロの第一歩を踏み出しました。

 

ロペスの退団により

ソトが来季も共に戦ってくれるのであれば

ファーストに置く

(もしくはオースティンかもしれないが)

というオプションが考えられているだろう

 

そして伊藤ゆが宮崎の後釜としてサードの守備を本格始動

伊藤ゆがそのポジションを掴みきれれば

牧はセカンドでの勝負となるだろう

柴田や大和など実績のある選手とのポジション争い

一年目はどのような出場機会になるかは分からないが

無難に守備をこなして打撃でのアピールができれば

2年目以降の優先順位としては上がってくるだろう

 

個人的には来年は知野も見たいな...と

 

 

牧選手の学生時代の成績、スカウト評価は以下

draftrepo.blog.fc2.com

 

DeNAスカウト陣の戦略がズバリ決まった

入江1位、2位で牧と

以降の選手もポテンシャルが高く

名実ともに各世代トップクラスを指名できた

例年以上に期待度が高かった今年のドラフト会議

ワクワクが止まりませんよね

 

まずは怪我なく順調なルーキーシーズンを送れるように

しっかりこのオフ体づくりをしてもらいたい

 

 

blog.shuntaroro.com

 

 

ここからは個人的なものになりますが

やはり1位と2位では金額に差は大きいなあと感じた

ここからの頑張り次第で全然数倍数十倍となるが...笑

重圧は半端ないとは思いますが

そのプレッシャーを跳ね除ける強心臓が彼には備わっている

そんな気がします笑

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)

DeNAベイスターズ2020年補強第一弾が発表! TJ明けのケビン・シャッケルフォード投手が育成入団!

f:id:shuntarororo:20201121165847j:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

今週も色々ありましたね…

精神的支柱であったロペスの退団

ソトが残留するのかどうなのかという不安

出て行く人の寂しいニュースばかりで心が痛いです...

 

井納投手は近年の球団の使い方だったり

年齢的にもより年俸を出してくれる球団があれば

行ってしまう可能性もありますね...

 

ソトは柴田が目をウルウルさせてお願いしても果たして

残ってくれないだろうか…

他の球団にはあの柴田は居ないぞと笑

メジャー流出の報道はデマだったということで

残留の可能性は少しあがりましたが

他球団に流れるのだけは避けてもらいたいところ

 

まあ若手にとってはチャンスな訳ですが

現状では戦力ダウンといったところでしょうか

新入団選手や補強、若手選手の覚醒に期待ですね

 

今期ドラフト組の仮契約が続々と発表されています

入江投手の背番号は「22」に決まりましたねー

あの大魔神佐々木の背番号を受け継いだということですが

その後に高崎&熊原も着けてたんだよーと小声で言っときます笑

 

そしてそして!

我らがDeNAベイスターズ補強第一弾が遂に発表されました

その名は

 

ケビン・シャッケルフォード投手

 

パットンの穴を埋めるべく現れた助っ人さんです。

年齢も31ということながら

TJ手術とコロナの影響からここ2年の登板はありませんでしたが

17年メジャーデビューを果たし26試合で防御率4.70

マイナー通算264試合に登板で経験も豊富

AAA通算でも奪三振率が高く

150キロを超える直球に加え

カットと落ちる系のスライダーのキレが良い投手

 

手術前の映像しかないので現在はどうなのかは未知ではあるが

映像を見た感じではそこそこやってくれそうな雰囲気があります

個人的には投げ方が綺麗でめっちゃ好きな部類です笑

 

メディカルチェックでも問題はないということだが

実戦で見てみないことには分からないという関係で

とりあえずは育成での契約ということになったが

3月中までに支配下にしないと来年使うことができないので

キャンプやオープン戦で特に問題がなければ

シーズン前に支配下契約という形となるでしょうね

 

本人も以下のツイートをしており

日本でプレーすることを心待ちにしているようで

 

本来なら今シーズンには復帰できる予定ではあったでしょうが

コロナの影響でマイナーリーグがありませんでした

この一年でおそらく怪我も完治していることでしょう(と願う)

 

DeNAの海外スカウトは優秀であると自負しているので

期待しましょう

 

そして今日から日本シリーズが始まりますね

今シーズンの集大成

解説者の方々の予想はもっぱらソフトバンクでしたが

セ・リーグの代表として

是非頑張ってもらいたい

 

応援しましょう!

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

 Twitterもやってます フォローよろしくね

 

 Instagramも始めました。アイキャッチ画像に使用している写真は現地で自分が撮った写真を使用しています。インスタでは主に良く撮れた写真に写っている選手への思いを乗せて投稿しています。気になった方はフォローよろしくお願いします。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by しゅんたろ (@shuntaroblogger)