shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の気になった事、自身のコンプレックス体験談などを日記テイストで紹介

DeNA古村・中井入団会見 本日の契約更改選情報 ソト・宮崎がベストナイン受賞

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181127021527p:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

パットン投手の残留発表から一夜明け、

今宵も新たな選手の入団会見が行われました。

 

古村投手、中井選手です。

 

古村投手は背番号「67」の年俸600万、

怪我に苦しんだ時期を乗り越えて、

再びチームに帰ってきた。

直球は150キロを超るなど、

独立リーグで自分を磨き続けた結果が出た。

 

同期には桑原や乙坂がおり、

身体も見違えるほど大きくなった。

成長した姿を見せて欲しいですね。

 

中井選手は背番号「0」の年俸1200万。

背番号の0の通りに心機一転ゼロからという気持ちで

新たなチームでの戦いを始める。

 

DeNAは巨人から戦力外になった時点で

すぐさま獲得への興味を示していたみたいで、

内外野守れて右に大きな打球を飛ばせる選手と評価していた。

 

対戦したい投手の問いに同級生の菅野の名を挙げ、

11年間お世話になった巨人に良い形で恩返しが出来ればと語った。

 

新たに加入した両選手の活躍を願い、

心から応援したいと思う。

 

 11/26に新たに戸柱・嶺井両捕手と楠本選手の契約更改が行われた。

 

戸柱 3300万(-500)

嶺井 2700万(+800)

楠本 1080万(+380)

 

戸柱選手は出場機会を減らし、

特に伊藤捕手が来た後半戦は

2軍幽閉という形となった。

 

コーチ陣の腐らないように声かけで

何とか乗り切ることができた。

 

一昨年、昨年とDeNAがAクラス入りできたのは

紛れもなく彼の力が大きく関わっているだろう。

 

今年の悔しさをバネに来年こそは

正捕手争いに加わって頑張ってほしい。

 

嶺井選手は今季チームの捕手最多出場し、

不調の先発陣を苦しい状況ながら引っ張った。

しかし打撃成績が昨年より大幅ダウン、

さらに盗塁阻止率にも課題が残るシーズンだった。

 

来季は生き残りをかけてこういった課題克服が

できるかできないかで出場機会も変わってくるだろう。

 

楠本選手は今季ドラ8ながらも開幕1軍入りを果たし、

4/5には初スタメンを果たすなど、

序盤はなかなか初ヒットは出なかったが

首脳陣の期待の高さが伺えた。

 

そのポテンシャルの高さでファームでは 

3割を超える打率を残し、

あとは1軍で結果を残すだけ。

 

大卒2年目の勝負の来シーズン、

今年のキャンプでどのような成長を見せるか、

個人的にもシーズン中の試合レポートでも期待があらわれていたが

来季注目したい選手の一人である。

 

その他にも宮崎選手とソト選手が

セ・リーグのベストナインに選ばれました。

おめでとうございます。

 

宮崎選手は2年連続で3割と

完全に球界を代表する選手に成長しましたね。

これからもチームをどんどん引っ張っていって欲しいですね。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね