shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の気になった事、自身のコンプレックス体験談などを日記テイストで紹介

プロ野球の各タイトルの発表! セ・リーグの新人王は文句無しの東克樹! 柴田・田中健の契約更改

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181127204255p:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

東投手セ・リーグの新人王おめでとうございます。

 

DeNAとしては山崎康晃投手に続いて二人目。

294票の有効票のうち、

なんと290票獲得と、

ダントツ文句無しの結果となりました。 

 

ちなみにパ・リーグは楽天の田中選手ということで、

5月現地にで生でみたときに、

機動力もあり、左右両打席でHRを打てるパンチ力があり

知識が浅く当時はあまり知らなかったのですが、

個人的には一際輝いていた印象がありました。

 

良い選手だなと思ったのが思い出されます。

 

侍ジャパンにも選出され(東投手は辞退)、

来年も両選手の活躍に期待したいところです。

 

その他にも山﨑投手がセーブ王、

ソト選手がベストナインとHR王、

宮崎選手がGG賞とベストナイン、

ロペス選手がGG賞と、

4位の割にはといいますか

タイトルを受賞した選手が多かった。

 

これを見るとDeNAも球界を代表する選手が増えたなと

どこか感慨深い気持ちになります。

 

受賞者の方々本当におめでとうございます。

 

さてさて本日も契約更改が行われました。

11/27は田中健二郎投手と柴田竜拓選手です。

 

田中 4600万(-1500)

柴田 3200万(+1200)

 

昨年まで2年連続で60試合登板してフル稼働していた田中投手だが、

今季は調子が上がらず11試合の登板となってしまった。

昨年までは打たれなかった球が打たれてしまったり、

なかなか本人しかわからない不調の原因があるのだろう。

その逆に砂田の活躍が目立った。

来シーズンは復調した姿を見せ、

中継ぎ投手陣を引っ張っていって欲しい。

 

柴田選手は結婚し守るべきものが増えた大卒3年目の大事なシーズンで

自己最多の113試合に出場、開幕から1軍に定着した。

 

大和選手の加入で出場機会がどうなるかと思われていたが、

記録に残らない細かな所で評価がアップ提示の要因となったようだ。

 

来季はセカンドのレギュラーを確立するために、

さらなるステップアップを見せるために、

今季オフも筒香と自主トレを行うようで、

センターライン確立のためにさらなる力をつけてもらいたい。 

 

最後に

武白志選手の現役引退が発表されました。

まだ20歳と若く、今後は語学留学をするそう。

大学では経験出来ない貴重なプロ野球選手という経験は

必ず今後に生きてくるだろうし、

これからの人生に幸あれ!と思います。

頑張れ武白志。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね