page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

2018年 DeNAのドラ1ルーキーは上茶谷?根尾?松本? それとも果たして...

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181024175106p:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

いよいよ明日となった2018年度ドラフト会議

各球団がドラ1指名選手を公言している中、

今年もDeNAのドラ1選手は謎に包まれている。

 

昨年も田嶋だと多くの人が予想を立てていたが、

東を一本釣りに成功。

今シーズンはチームの勝ち頭として

先発投手陣を引っ張る活躍を見せた。

 

あくまで公言はしないという形、

個人的には好きである。 

 

当日DeNAはそこにいったのかー!?

と他球団の度肝を抜く指名をした時

気持ち良いからである。

 

勿論公言をする事で他球団への牽制にもなるし、

その選手に対する熱意を示す事にもなるが、

ドラフト会議の醍醐味はこのワクワク感ではないのか。

 

果たして今年はどんな驚きを見せてくれるのか、

非常に楽しみである。

 

各紙、コラムなどの指名予想は大体は固まっているが、

うまくばらけている。

これはうまく情報を隠せている証拠だろう。

 

昨日の記事の後半に僕の願望予想は書いているので、

興味がある方は是非見ていただきたい。

(下記リンクから飛ぶことができます)

blog.shuntaroro.com

 

新聞社各社などの予想は上茶谷、松本、吉田

などの即戦力右腕の予想が多いのだが、

 

AbemaTVの予想は辰巳と外野手の予想。

立命館大学で東の後輩をドラ1と変化球できた。

 

しかしこれは流石にないのではないかと思う。

 

サンスポの記事から、

南場オーナーがドラフト会議に出席すること、

1位は競合すると思うという高田GMの発言から

上茶谷、松本、根尾の3人に自分は絞った。

 

出来ることなら競合は勿論したくはないが、

もし競合になってしまった場合、

今年はラミレス監督ではなく、

高田GMがクジを引く可能性がある。

 

功労者には必ず運は回って来ると思うので、

競合になってしまった時は

引き当ててくれると信じよう。

 

去年の東一本釣りの印象が強いが、

もし外してしまっても

濱口や山﨑など活躍している選手を

取れているところがスカウト陣を含め

DeNAの強いところなので、

綿密な会議の元

あらゆる場面を想定した対策はできているだろう。

 

2位以降の指名はどうなるのだろう。

個人的には宮崎の後釜がいないので、

サードが守れる選手の指名は必ずあると考える、

 

そこでやはり注目されるのは

明大の渡辺佳明ではないだろうか、

元横浜高校監督の渡辺元智氏を祖父にもつ

バットコントロールの良いアベレージ型の内野手、

リーグ通算90試合で

打率.314、95安打、0本塁打、33打点。

大学時代に日本代表でチームメイトだった

楠本泰史にアドバイスをもらいフォームを改造、

そこから打力アップのコツをつかんだ。

DeNAのスカウト評価も高い。

 

2位以降で取れれば最高な選手だ。

 

3位以降の予想も立てたいところだが、

それはもっと詳しく書いてある記事も沢山あるので、

このくらいにしておこうと思う。

 

読んでくれた人が

こういう風に思っているDeNAファンもいるのか

程度にでも感じてくれたのなら嬉しいです。

 

本日夜中には

今日のフェニックスリーグの試合振り返りや

5戦5勝で次のステージに駒を進めた

U-23侍ジャパンで大活躍だった大河選手の成績を

まとめていきたいと思うので

お楽しみに

 

というか

上茶谷投手を取るなら、

名前大河が二人になりますね。

ダブル大河ーって応援できますね!!.....

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね