page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

三嶋の回跨ぎについて言及 ソト2HRと大暴れ マシンガン継投がうまくハマる

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20180924170912p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

初回濱口

先頭にヒットを打たれるが後続は抑える。

 

相手先発ジョンソン

1点もやらないぞという気持ちがひしひしと伝わる投球。

初回から様々な球種を使いコーナーを厳しくつく投球に翻弄される。

 

球場の雰囲気もいつもとは違う異様な感じの中、

2回に濱口が捕まる。

流れに飲まれそうになるがなんとか2点で踏みとどまる。

よく粘った。

 

2点の余裕が生まれたジョンソン

少し気持ちに余裕ができたようで緊張の糸が和らいだか、

その余裕に漬け込みDeNA打線が繋がりを見せる。

 

桑原大和宮崎の連打で1点を返し、ソトの3ランHRで逆転に成功する。

 

これで濱口も安定して欲しかったのだが、

中々伊藤の構えたところに投げることができない。

去年のCSファイナルでは先制され逆転をするとこちらのペースになっていたが、

今年はそういうわけにもいかない。

先頭打者に四球を与えてのバティスタにタイムリー を打たれここで交代。

 

エスコバーにスイッチ。

ここでの継投は連戦が続く中だがやむを得ない選択だったと思う。

珍しく早めの継投が納得できる場面だった。

 

1打席目タイムリーを打たれている石原を迎えたが、

なにせ打率.170だ。ここは5-4-3の併殺打に打ち取り同点にはさせない。

逆転へ向け歩み始めたカープの流れを見事断ち切る

 

その後試合は落ち着きを見せ始めたが、

6回西川のミスから伊藤の最高の仕事、犠牲フライで貴重な追加点をあげる。

7回にはソトのこの回2本目のHRが飛び出し試合をほぼ決定づけた。

 

なぜ三嶋を回跨ぎさせたのか。

1回を9球で抑え良い形で終わらせてあげれば良かった。

疲労困憊で最近失点していたが無失点で抑えたが、

全体的に高めに浮きいつ打たれてもおかしくない状況だった。

点差があるとはいえ三嶋を酷使し過ぎだろう。

今日ここまでリリーフをつぎ込むのなら、

たとえ回跨ぎさせるとしても三上へ代えるタイミングが1手遅かったと感じた。

 

その後小刻みな継投がうまくハマり、最後は山﨑がしめる。

逆転の雰囲気を完全に切り裂いた。

去年のCSを完全アウェーな雰囲気で勝ち抜いた強さがここに生きた。

相手のミスをものにできた今日の試合はとても大きい。

胴上げを絶対にさせないという思いを強く感じた試合だった。

濱口は内容自体は良くなかったがこういう時もある、

気落ちせず次リベンジに燃えてもらいたい。

 

 

明日の先発は国吉中村です。

2年ぶりの1軍先発マウンドに上がる国吉

数いるファームの先発陣から何故国吉が選ばれたのか。

その意味がわかるような投球に期待したいところ。

しかし個人としてはこの大事な試合を任せられるのかという不安な感じ。

そんな思いなんて払拭させてくれるでしょうと願いたい。

 

 

本日のポジティブ要素

  • 宮崎技術が光るタイムリー
  • ソト2HR5打点の大暴れ
  • 伊藤貴重な犠牲フライ
  • エスコバー、力でねじ伏せる好リリーフで4勝目
  • 小刻みな継投がハマりよく粘ったリリーフ陣
  • ここぞという時に流石です山﨑33セーブ目

 

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング