page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

DeNA宮崎 少しの間不調だったがすぐに目覚める

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20180825204443j:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 ウィーランドin→エスコバーout

 

今日は序盤に先制するも厳しい試合展開となってしまいましたね。

個人的にはウィーランドには来季残って貰いたいですが

今のところ今季良いとこ無しなのでどうなってしまうのでしょうか。

それでは今日の振り返りいってみましょう。

 

2回のDeNAの攻撃、

宮崎のレフト前ヒットからランナーが伊藤に入れ替わり、盗塁成功。

今日7番に入っている桑原がレフトへのタイムリーで先制。

 

しかしその裏、初回を3人で切ったウィーランドがヤクルト打線に捕まる。

先頭のバレンティンにヒットを浴び、後続は抑え2アウトとなるが、

四球と死球を出してしまい満塁のピンチを作ってしまう。

ここで打席は9番投手のカラシティーだったが今季ウィーランドより打っている

怖いバッターである。

2球で追い込み少し油断したか、3球目をタイムリーを打たれ逆転を許してしまう。

その後青木にもタイムリーを打たれこの回4点を取られてしまう。

 

3回にも先頭から4連打を浴び、そこからこの回も3点を取られ、

序盤で6点のビハインドという苦しい試合展開となってしまう。

 

一矢報いたいDeNA、4回に筒香の第29号ソロHRから相手のミスも繋がり

ウィーランドも負けじと犠牲フライを放ちこの回2点を入れ4点差。

 

4回からは先発ウィーランドが立ち直り2イニングを0で抑え他ところで、

ここでマウンドを降りる。

5回を投げ 120球 8被安打 2奪三振 4与四死球 7失点という成績。

パッとしない投球が続くウィーランド、

2年目のジンクスというか攻略されてしまっている感が否めない。

この残り少ないシーズンをどう修正してくるか。それとももうダメなのか。

 

6回には代わった三上が坂口に対して8球粘られ四球を出してしまう。

そこから青木のライト前で1、3塁、

山田に犠牲フライを打たれ理想的な形で1点を献上してしまう。

 

7回は藤岡がマウンドに上がるが満塁のピンチを招いてしまう。

しかしここは落ち着いた投球で流れを作りなんとか0で抑える。

 

ピンチの後にチャンスあり。

8回の表のDeNAの攻撃、先頭の伊藤がレフト前で出塁、

続く桑原が8球粘り気迫のヘッドスライディングで内野安打をもぎ取る。

その思いが通じるように代打佐野に第5号3ランHRが飛び出す。

これで2点差、まだまだ試合はわからなくなる。

こういう点差が離れた試合でも追い詰める力が出てきたのはチームがやっと

上向きになってきたのかなと思います。

続いて柴田がヒットで出塁するが後続だ連続三振に倒れ反撃もここまで。

 

その裏には砂田が登板するが、

満塁のピンチを作られ、1失点。これで今日は終わったと思われた。

 

がしかし、

9回ヤクルトの守護神石山の初球を筒香がこの日2本目となる第30号で勢いをつけ、

続く宮崎、楠本と連続ヒットでノーアウト1、3塁とチャンスを作る。

ここで今日3安打を放っている桑原に期待がかかったが三振に倒れ1アウト。

前の打席で3ランを打っている佐野に逆転弾を期待したが、

キャッチャーファールフライに倒れ2アウト。

本日無安打の大和に打席が回るが3球三振でゲームセット。

 

序盤の7失点が痛い結果となってしまった。

 

今日のポジティブ要素をあげるとすれば

宮崎が4安打と復調の兆しをみせたことと筒香に2HRが出たことですかね。

あと個人的には佐野の打席での集中力が上がって少し威圧感みたいなのが出てる感じに見えたので最近成長を感じました。

 

明日の先発は今永と石川です

前回登板4回途中7失点と攻めの投球ができていなかった今永、

彼の持ち味は強気なピッチングスタイルにあると思います。

気迫溢れる投球を期待したいですね。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

皆様のワンクリックが活動の励みとなります。

 にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

 
横浜DeNAベイスターズランキング