page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

DeNA大和が手術? 神里が実戦復帰! 阪口・大河の成長を感じるU-23メキシコ戦

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181023011110p:plain

こんにちは、しゅんたろです

 

DeNA大和選手が、

シーズン中に痛めた

左足首の骨の一部を削る手術を近日中に行うらしい。

来季の春キャンプ支障が無いものと予想され、

万全な状態で来シーズンを迎える為に

この時期の手術に踏み切ったそうだ。

 

今季は度々助けられた場面もあり、

バッティングフォームなども変え、

本人としても何かきっかけを掴んだシーズンとなった。

 

しかしチームは4位に沈み、ラミレス監督の

優勝へのラストピースが揃ったといった意気込みからは

物足りない結果となってしまった。

 

来季は優勝すべく、

今オフを有意義に過ごしてもらいたい所ですね。

 

また8月に受けた死球で骨折をしてしまった神里選手も

順調な回復ぶりを示している。

10/22から宮崎の秋季教育リーグに合流し、

実戦復帰する見通しだ。

 

ラミレス監督の来季目標で

今年71個だった盗塁を90に増加させる。

(ちなみに昨年は39個)

 

その目標を達成するためには、

神里の脚というのが必要不可欠になってくるだろう。

2年目を迎える来シーズン、

彼の更なる飛躍に期待するとしよう。

 

完全個人的な事を言ってしまうと、

じゃあこれこそ関根使おうぜーと言ってみたくなる。

 

上田コーチと長池コーチの

1塁3塁入れ替えについては

賛否両論意見が上がっているが...

個人的には良いのでは無いかなと思う。

これに関しては

コメント欄にてあなたの意見をお聞かせ願いたい。

 

話は変わりますが、

昨日のU-23日本対メキシコ戦で

阪口が先発するという事で観てて

今年1年頑張って来たんだなという印象を覚えました。

 

入団時はあれだけ細かった身体つきが

ひと回り大きくなったように感じた。

 

ストレートの重さを感じ、

相手打者が押されているように見えた。

 

スプリットやスライダーとのコンビネーションもよく、

1巡目は打たれる気が全くしなかった。

 

4回以降は逆球が少し目立つようになり

2巡目の下位打線に捕まってしまい

5回を投げ切れなかったが、

高卒1年目にしては

素晴らしい堂々たる投球だったと思う。

 

大河も打撃にはまだ課題が残るが、

守備の安定感は少しずつ増しているように感じた。

 

両選手これからが楽しみな選手に着々と成長していた。

 

若手の成長によりチームの層が厚くなりますね。

 

ドラフト会議が今週となり、

ワクワクが止まらないですね。

良い結果になればと思います。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね