page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

DeNAチャンスは作るも決定打が出ず再び最下位

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20180829222635j:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 山下in→平良out

 

井納投手、前回とは打って変わって序盤に失点をする苦しい投球。

前の濱口のようにいい状態を続けることが出来ない状況が続いていますね。

今日上がってきた山下、今季初スタメンとなった関根、両選手に期待のかかるところ。

山下選手はファームではもう敵なしという成績を残しているので、

1軍であと一皮剥けてくれればというもう少しな感じがずっと続いていますね。

 

井納の初回の投球。

1球で平田を打ち取ったのだが2番京田に8球粘られ四球でランナーを出してしまう。

続く大島にライトスタンドへ運ばれてしまい2点を先制されてしまう。

 

そんな井納を早めに援護してあげたいDeNA打線は、

先頭大和が9球目をレフト前に運び出塁。

すかさず盗塁、からの宮崎のタイムリーですぐさま1点を返す。

しかし後続が続かずこの回は1点止まりに終わってしまう。

 

その裏、1点差にしてもらいリズムを作りたかった井納だが、

高橋、福田に連打を浴び2球でピンチを作ってしまう。

その勢いそのままに松井にライト前へ2点タイムリーを打たれる。

その後再び満塁のピンチを作るがそこは抑え最少失点で切り抜ける。

 

3回には今日9番で先発出場の関根がヒットを放ち、

盗塁などで3塁へ進みチャンスメイク。

1番大和のショートゴロの間に生還と躍動する。

 

その後は両チームスコアボードに0が続き、

次の1点を取った方がこの試合の勝者だと勝手に予想した矢先、

8回、中日に追加点が入ってしまう。

 

その裏なんとかしたい打撃陣。

この回先頭の大和が2塁打を放ち代わった祖父江を責め立てる。

続く宮崎は選んで1、2塁とチャンス拡大。

3番ソトに対し5球目、けして甘くは無いアウトローの直球にうまくバットを出し

ライト前に技ありのタイムリーを放つ、これで3連打、2点差。

誰もが筒香の逆転弾を期待しただろう。

しかし、代わったロドリゲスのスライダーに合わせた感じで6-4-3の併殺打。

ここでこの試合の勝敗は決まったに等しい。

続くロペスもサードゴロに倒れ、この回1点しか取ることが出来ず。

 

9回には砂田がマウンドに上がったが、ノーアウト満塁のピンチ。

大島、ビシエドに連続犠飛を打たれ2失点。

4点差で残すは9回の攻撃のみ。

 

しかしもう1試合も落とせないDeNAが意地を見せる。

 

1アウトから伊藤、柴田が四球を選び、

大和が死球と2アウトながら満塁のチャンス。

ここでバッターは宮崎。

1本でれば同点の場面を味方が演出する。

 

が、しかし。

 

サードゴロに倒れてゲームセット。

 

序盤の失点はもちろん痛かったが、

勝てない試合ではなかっただけに悔しい敗戦となった。

今シーズンは後半戦特にずっとこういう感じだ。

カード頭は取れるのに2戦以降に流れを持っていけない。

なかなか点と点が線にならないもどかしい感じ。

また小熊投手にしてやられた。

なぜ同じ投手に同じことを繰り返してしまうのだろう。

 

明日の先発は東と吉見です。

現状を受け止めなければいけないのはわかっているが。

なんとかCSに向けて頑張ってほしいと願ってしまうのはファン心理だろう。

ここで頼みの綱である東でカード勝ち越しができなかったら。

もういよいよ最下位という可能性を受け止めなければならなくなるだろう。

そんなこと思いたく無いので。

東には頑張ってもらいたいし打線も頼みます。

 

本日のポジティブ要素

  • 大和マルチヒット
  • 関根今季初スタメンで1安打1得点
  • 井納序盤以外は好投(課題残る)

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

↓応援してくださる方は下記をポチッとお願いします↓

 にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

↓ツイッターもやっています↓