shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の気になった事、自身のコンプレックス体験談などを日記テイストで紹介

DeNAの広島キラー ハマの二刀流ウィーランド退団 バリオスは残留決定

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181203223942p:plain


こんにちは、しゅんたろです

 

12月2日を迎え、

プロ野球は保留選手名簿の公示が行われました。

 

その名簿から漏れ、

自由契約となった有名な選手を挙げていくと 

オリックス金子、巨人上原、阪神西岡、

ソフトバンク摂津・五十嵐など。

 

金子投手は西投手獲得失敗時にDeNAも動きたい所だが

早速日ハムが交渉に動いたようですね。

 

外国人では中日のガルシアや

意表を突くセーフティーバントが個人的に印象に残っている

ソフトバンクのグラシアル選手などが自由契約となった。

 

我らがDeNAでは残留か自由契約かファンの中でも

残って欲しいと愛されていたウィーランド投手が

自由契約となった。

 

ハマの二刀流と称され、

ファンからの人気も高く、

チームを愛する男の自由契約という発表は

いくら覚悟があったとしてもショックだった人が多いだろう。

 

昨年にクラインと共に来日し、

投打に渡る活躍でDeNAの8番投手の立役者となった。

DeNAの日本シリーズ進出の原動力になったのは言うまでもない。

 

今年も活躍を期待されたが怪我で開幕出遅れ、

直球の勢いと相手チームに研究されたせいか、

ナックルカーブとのコンビネーションが通用せず

思うような成績を残すことができなかった。

完全に攻略されてしまっているように感じる程だった。

 

調子もあまり良くないと思われる中で、

正直チャンスは多く与えられたほうだと思う。

その中で結果を残せなかったということでの自由契約。

 

今季オフには伊藤選手とのゴルフの約束は実現しないのかもしれない。

 

5/31楽天戦、山下がサヨナラヒットを放った時、

一番に山下のもとへ駆けつけたのはウィーランドだった。

 

代打ウィーランドはプロ野球界に激震が走った。

 

須田投手とのエピソードは印象的だった。

 

チームを愛し、ファンに愛され、

来年もハマスタで見たかったというファンも多いだろう。

 

外国人枠の問題でロペス・ソトの残留をまず確定させ、

エスコバー・パットンの引き留めに成功し、

バリオスと天秤にかけた時、

先発やロングリリーフをそつなくこなすバリオスの方が

使い勝手が良い事は明らか。

 

ちなみにバリオス投手は3300万で契約更改。

 

先発が一枚減ったという事は、

西投手の獲得戦にある程度目処が付いたのか。

 

育ててきた若手の筆頭にドラ1の上茶谷、

井納が先発復帰と枚数は足りている感じはする。

あとは彼らが期待にどれだけ応えれるか。

 

ウィーランドとしても後輩達にあとは任せたぞ

という気持ちで新たな道に進んでくれると嬉しい。

 

ハマの二刀流はベイスターズファンの中でいつまでも記憶に残り、

歴代の印象的な助っ人として語り継がれるでしょう。

 

プロ野球界の歴史にも名を刻む外国人投手だった。

 

2年間という短い間でしたがお疲れ様でした。

今後の野球人生に幸多からんことを。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

ウィーランドの過去記事はこちら

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村


横浜DeNAベイスターズランキング 

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね