page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

DeNA 投手陣は粘るがCS出場が遠のく痛い連敗 各打者チャンス×でもついているのだろうか

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20181003210740p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 京山・山下in

 

今日も昨日と同じく初回に先制される厳しい試合展開となる。

京山は中々制球が定まらず前回登板の勢いはどこかへいってしまったのだろうか。

1回を投げたところで交代。

 

2番手は笠井がマウンドに上がる。

前回登板は阪神戦で完全に流れがDeNAにきていた状態での登板だったので3者凡退だったが、今回は劣勢の中での登板。

こういった場面での投球が真価を問われる。

緊急登板だったので初めは地に足が着いていない落ち着かない様子、

四球は出し直球の制球も前回よりは定まっていなかったが毎回ピンチを切り抜け、

なんとか0で抑える。

 

自身もプロ初打席で初ヒットを放つなど投打にアピールを続ける。

 

しかし打線があの10-0で勝った阪神戦以降全く元気がない、

筒香ロペスの怖さがない、

打線はさほど変わってないのに重みがない。

 

1回3回7回とチャンスを作るも決める1打が出ない。

チャンス×が発動してるようだ。

 

7回なんて宮崎にすら悪い気が伝染してしまったようだ、

力が入り過ぎているのだろうか、各打者ブンブン丸になっている印象を受けた。

ヤクルト打線は昨日2位を決定させ、

今日のメンバーは主力選手をあまり出していない。

 

昨日はラミレス監督が言っていたように大量得点の次の試合は打線が沈黙するというデータがもろに出てしまったが今日は違うだろう。

 

どうした?

ライジングテーマが寂しく聞こえた。

 

チーム全体がここにきて急に大スランプを迎えてしまったのだろうか。

8回の先頭ソトの最後三振した球なんていつもならバットに当たっているだろう。

続く筒香ロペスがチャンスを作り乙坂が犠牲フライを放ちやっと1点は返すが、

反撃そこまで、乙坂の悔しそうな表情が印象的だった。

これで得点圏のノーヒット記録は継続中。

 

昨日といい今日といい残塁多過ぎ、先制点取られるのも痛過ぎ。

 

今日も楠本いい場面で使ってもらうも覚醒ならず...

いつになったら覚醒してくれるのだ...

最後の宮崎も甘い球を大振りし過ぎ、力が入り過ぎていて良さを消してしまっていた。

 

投手陣は初回に京山が2点を取られただけで、

その後のリリーフ陣は見事なピッチング。

2日連続で勝てる試合を落とした気持ちになった。

この連敗は非常に痛い。

これで本当に残りの4試合全部落とせなくなった。

 

巨人は恐らく2試合とも菅野で何が何でも取りに来るだろう。

 

明日明後日は試合がないので、切り替えるしかない。

この休みを利用してどう打者陣を調整するかがCSへの鍵になるだろう。

ラミレス監督の誕生日を勝利で祝えなかったのでCSに連れてってあげるしかない。

それにしても負けたのに前を向いて笑顔で手を振る監督には脱帽だ。

ファンも選手を信じ声を枯らしエールを送り続けるしかないのだ。

 

今日のポジティブ要素

  • 笠井四球を出すも崩れず2回無失点
  • バリオス3回パーフェクト
  • 三上無失点
  • パットンパーフェクトリリーフ

 

厳しいが今日は打者は無しで。

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね