page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

東と菅野両エースの投手戦 痛恨のサヨナラ負け 143試合の中で最も大事な1戦

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20180928212730p:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

本日の公示 バリオス・楠本in→ウィーランド・関根out

 

いや関根くんこの時期にファーム落ちですか...

これはもう楠本に頑張ってもらうしかありませんね。

 

今日は村田のセレモニーという事で、

こういった形のセレモニーは初めてですね。

投手戦が予想されましたがやはりという感じでしょうか。

 

序盤で先制していきたかったDeNAだったが、

今日の菅野は初回から気合が入っていた。

僅か9球で3者凡退...

 

こうなったらもエンジン全開で飛ばして行くしかない。

こちらも3者凡退とお互い上々な立ち上がりを見せた。

 

2回に連続四球からチャンスを作ったが得点することができず。

チャンスが潰れた後というのはどんなにいいピッチングをしていたとしても、

非常に怖い。

岡本の打球は三遊間大和も精一杯のプレーだったが内野安打、

続く阿部は完全に直球待ちだったのだが直球が高めに浮いてしまい、

0アウト2,3塁のこの日初めてのピンチを迎える。

しかしここで燃えるのが東克樹だ。

この回を見事無失点で切り抜ける。

小林に対し最後に投じたストレートは気迫が乗っている良い球だった。

 

の好投に早く応えたいDeNAだが、

中々菅野を攻め立てる事ができない。

 

先制点を挙げた方が流れを掴みそうな試合展開。

 

5回には円陣を組み菅野攻略の糸口を掴みたかったが、

流石はエース、手こずらせてくれる。

 

6回に最大のピンチが訪れる。

1アウトから坂本にチェンジアップを狙い撃ちされランナーを出す。

田中俊に送りバントを決められ得点圏にランナーを進められる。

4番岡本との対決。

平成最後の巨人キラーと平成最後の巨人軍4番岡本の対決。

痺れる展開だ。

最後はインコースの直球でに軍配があがる。

 

このの力投に何も感じない訳が無い。

新人エースがこんな頑張っているのに打線が応えない訳が無い。

熱く熱く立ち上がれ!!

 

日本のエースから日本の4番が右中間に2塁打を放ちチャンスメイク、

しかしここで菅野もギアを上げてくる。

宮崎ショートゴロ、乙坂三振と先制点は許してもらえず。

 

ここまでくると継投のタイミングというのが非常に難しくなってくる。

ここはラミレス監督の腕の見せ所だ。

 

7回も続投、

2アウトから亀井小林と連打を浴びピンチを背負う。

巨人は菅野をそのまま代打を送らず打席に送る。

ここが前回の阪神戦でメッセンジャーを降ろした金本監督との違いだ。

粘られるが三振に打ち取り100球を超えたこの回も無失点で切り抜ける。

ここではマウンドを降りる。

 

7回 107球 5被安打 9奪三振 1四球

 

球が高めに浮いたりピンチを作ったりとコンディションはあまり良くなかったが、

よく粘ってくれたと思う。

 

のためにもこの試合絶対に落とせないDeNA、

柴田が出塁するが完全に大和がブレーキとなってしまっている。

 

8回の巨人の攻撃、

1番からの好打順にパットンが立ちはだかる。

マギーの盗塁は完全にノーマーク過ぎたが、

岡本の打球はパットンに当たり嶺井が送球した際守備妨害で無失点で切り抜ける。

正直心臓止まるかと思ったが、

パットンは良くやったしその後の嶺井も落ち着いていた。

 

9回のマウンドにも菅野が上がる。

相手にとっては嫌な間ができここは攻め時とみた。

先頭ソトがマルチ安打となるヒットで出塁、

続くロペスが打った打球はサード正面のゲッツーコースだったが、

マギーがファンブルをし2塁にランナーを進める。

筒香は申告敬遠で今日少し元気のない宮崎勝負という選択を巨人サイドは勝負に出る。

ボテボテのピッチャーゴロで進塁打、勝負は乙坂にかかる。

気迫のインコース攻めにつまりサードフライ、

惜しいところまでは行くのだがここぞという時の菅野は強過ぎた。

 

9回は砂田がマウンドに上がる、

阿部キラーとしてワンポイント投入でもよかった気がしたが、

長野に投じた2球目のことだった...

 

これぞ日本のエースという投球に巨人打線がついに応えた。

 

砂田を責めることはできないが痛恨のサヨナラ負け、

菅野を打ち崩す事ができなかったのが痛かったが、

やれることはやった上での敗戦、相手が上だった。

長野菅野を素直に褒め称えるしかないだろう。

 

切り替えて明日勝つことに集中しよう。

痛いことは痛かったのだが村田のセレモニーで少し雰囲気自体はあまり悪くないことを願いたい。

乙坂の2度のチャンスでの凡退、大和の打撃不調、打線も少し見直さなければ...

 

明日の先発は平良と高橋です。

覚醒しつつある平良、サヨナラ負けの雰囲気なんて払拭してくれ。

頼むぞ。

 

今日のポジティブ要素 

  • ソトマルチ
  • 東7回無失点の力投
  • パットン身体で止め無失点

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村 

 
横浜DeNAベイスターズランキング

 

ツイッターもやってます フォローよろしくね