page contents

shuntaroのボヤキ

DeNAファンのぼやき、日々の生活を豊かにする記事、自身のコンプレックス体験談など、野球ファンに向けた有益な情報を紹介!試合後すぐに速報振り返り記事更新!

【自身の体験談】多汗症で悩むあなたへ

スポンサーリンク

f:id:shuntarororo:20180803013139j:plain

こんにちは、しゅんたろです。

 

今日は自身のコンプレックスの一つについて紹介したいと思います。

 

このブログを通じて同じ事、似たような事で悩んでいる人へ共感や勇気を与えられれば、こういう人も居るんだよということを少しでも知って頂けたら幸いです。

 

皆様は多汗症という言葉をご存知でしょうか。

その名の通り汗を多くかいてしまう病気なのですが、本人にとっては生活に支障をきたす事が多々あります。

 

症状や程度は人それぞれなのですが、基本的にどういう影響があるのか自分を例にいくつか挙げてみる。

 

  • テストや何かを書く時紙がヘナヘナになる
  • 握手などが辛いもしくはできない
  • 服などを選ぶ基準が汗が沁みにくいかどうか
  • タオルや着替えは必需品(逆に持ってくのを忘れた日は不安)
  • 裸足で体育館で体育をしてると足が滑る
  • 手汗でどんな時でも消極的になってしまう
  • 緊張すると全身から汗が出る感じがし、焦りもっと出てしまうという負のスパイラル

 

自分の場合は小学生の頃はあまり気にしていなかったのですが、

中学生になって授業の板書やテストなどでテスト用紙やノートなどがヘナヘナに波打つような感じになり、

板書などは教科書をノートに手がつかないように置いたり、

テストの際は消しゴムを手の下に置いてやり過ごしたりしました。

体育祭のフォークダンスは最悪でしたね。

小学4年生から野球をしていましたが、

グローブやバットが滑ってしまうのでそれを無くすために早い段階からバッティンググローブや守備手を使っていました。

 

中学まではそういうこともあるんだろうと思って流していたのですが、

高校生になってやっとこれは何て言うんだろうと思いネットで調べてみるとどうやら多汗症と言う病気があるらしい、

自分の症状が当てはまるので恐らく自分は多汗症らしいと言う事が判明しました。

自分は特に手と脇が酷かったので治し方などを調べたら手術でそこの汗腺を切って汗を出なくする。と言う方法があるとわかりました。

しかしなにせ高校生でそんなお金も無いし親に借りる訳にもいかないなと思ったのでこの方法は断念し、他の方法を探しました。

そして通販サイトamazonでオドレミンと言う汗を止める液体が売られているのを発見し、値段も比較的安価だったので即購入試してみる事に。

こんな物で果たして今までの辛さが軽減されるのか半信半疑で使ってみて、

初めの日は効果はなかったのですが信じて継続して使っているうちに手汗が出なくなっている感じがしました。

しかし付けすぎたせいか指と指の間が痒くなったり、多少爛れだりしました。

とりあえず汗は止まったので一時的に使用をやめ経過を見てみると1~2ヶ月後にはまた少しづつ症状が戻っていく感覚があったので、

毎日とはいかないにしろ継続して使用しなきゃいけないみたいでした。

そこから色々試してみました。

 

高校時代はそんな感じで何とか切り抜け大学に入学。

電車とバスで通学だったのですが、

多汗症など少し忘れていたある日突然バスの中で個人的な事件が発生しました。

前までは外が暑かった日など、

電車を使っている際汗が止まらなくなりパニックになりとりあえず途中で降りて汗を引かせる事は極たまにあったのですが、

バスは一回乗ったら20~30分はノンストップで降りる事ができないのです。

その途中で1回先ほど話した電車での症状と同じ事が出発して5分ぐらいで起きてしまったのです。

その日はタオルやハンカチを持っておらず、パニックになり、

しかし耐えるしかなく首を汗が伝うくらいの汗が吹き出し、

周りに気づかれないように下を向き、

ずっと早く着け早く着けと思いながら何とかやり過ごしました。

そこからまた再発、バスが怖いと思うようになってしまいました。

再びオドレミンを購入し久しぶりに使用していると、

痒みはあるものの爛れることはなく汗の量を緩和させる事ができました。

大学のテスト中にも同じ事が起きてしまったりバスの件の影響で、

若干ではありますが閉所恐怖症に似たような症状も起きてしまいました。

バイトでレジをやる時とかもお釣りを渡す前に無意識的に必ず手を拭いたりしていました。

 

私服でも中々Tシャツ一枚だけとかは基本出かけません。

何か沁みにくい上着を羽織るか、腰に巻いていくか常に上着は手放せません。

なぜなら脇汗でシミが出来てしまうからです。

 

自分はよくYouTubeを見るのですが恐らく東◯オン◯アのリーダーの方は同じ様な症状でしたが、

彼はそのことをオープンにして開き直っているようでその行動ができたらどんなに楽なんだろうと少し羨ましく思います。

 

そんなこともあり現在に至るのですが、

現在も夏場はオドレミンの使用を続けています。

夏場は特に手汗で彼女と手を繋ぐとたまに汗をかいてしまい脚を掻くふりをして拭いたりはしていますが、

その頻度も少なくなったような気がします。

同じ症状に悩んでいる方は、

ネットの評価や評判などで多汗症対策グッズを自分と同じように色々調べたりしていると思いますが下記の商品は完全に止まるまでは個人差があると思いますが、

確実に緩和してくれると思うので是非試して見て欲しいです。

 

世の中にはこれ以外にも皆様が知らない本人にとっては精神的に辛い病気が沢山あると思います。

その一つとして今回は実体験をともに多汗症という病気について紹介させていただきました。

自分は同じことで苦しい思いをしているのかと1人だけじゃないんだと少し安心した事があるので、

同じ思いの方などにこのブログが届いてくれたらこのコンプレックスを勇気を出して書いた意味があるのかなと思います。

長くなりましたが、ここまで見て下さった方、本当にありがとうございました。

 

ではまた

※こちらの記事気に入ってくださったはてなブックマークやコメント、友達などに拡散してください。そうしてくれると喜びます。

 

応援してくれる方は広告とこちらをポチッとお願いします

 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

 
ストレス性疾患ランキング

 

ツイッターもやっていますフォローよろしくね